女性の脱毛症

*

女性の脱毛症

女性も男性型脱毛症になる
基本的に男性型脱毛症になる原因は同じです。女性の血中男性ホルモンの値は男性の10分の1ですが、思春期には男女とも脇毛や陰毛が発育します

女性の男性型脱毛症は、閉経を迎える更年期に女性ホルモンの分泌が減少し、相対的に男性ホルモン過剰になるため発症しやすくなると考えられています。

女性の男性型脱毛症治療
女性の男性型脱毛症は、男性の場合と大きく違います。男性のばあいは内服薬フィナステリドが有効的ですが女性には副作用の心配があるためこの薬は使われていません。
男性のばあいはフィナステリドを服用していてる男性のの子供を妊娠しても胎児に影響はありません。

すでに閉経し、妊娠の可能性がない女性の場合、更年期以降に男性型脱毛症を発症した場合、フィナステリドの効果が見られません。
薄毛治療症例写真を掲載!SBC毛髪再生医療センター

欧米では、女性の脱毛症治療は2%のミノキシジルが一般的です。日本のミノキシジル治療薬は1%のの溶剤(リアップレディ)一般医薬品として発売されています。


 

女性の脱毛症関連ページ

女性の脱毛原因
慢性休止期脱毛症 女性特有お脱毛症で、本来10%程度であるべき休止期が20%に増加することで発症します。 30 […]
女性用育毛・発毛剤
薄毛治療症例写真を掲載!SBC毛髪再生医療センター 育毛・養毛剤 発売元 薬事法分類 有効成分 効果 ベネフィ […]